スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

08MS小隊を観た感想

「08MS小隊」を観終わりましたが感想としては少し物足りないかなと思いました。
「0083」観た直後だったのでスケールの大きい「0083」と比べ「08MS小隊」はシロー・アマダとアイナ・サハリンの恋愛物語にしか見えなかった事が原因です。

物語の最初の方はファーストガンダムでは完全にやられ役だったボールでザクと相打ちになるなど、凄いパイロットだなと思ったのですが、段々趣旨が変わってきたのかなと感じました。(シロー・アマダのキャラも微妙だったかなと)

ただモビルスーツの描写がかなりリアルだったのは良かったと思います。
ガンダムも強力なモビルスーツという訳ではなく量産型というのもリアリティがあって良い感じです。
(量産型が作られた時期についてファーストと違うという歴史設定の問題等あったみたいですが)

ストーリーも当時の他のアニメの影響等も大きかったのではないかと思います。
ガンダムはガンダムらしく描いて欲しかったですね。。

次は「ポケットの中の戦争」観ようかなと思います。

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
スポンサードリンク
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。